Jun.1.2004.


札幌市街から西へ、中山峠に向かうこと約30km、
そこに豊富な温泉を利用した施設やホテル・旅館などが立ち並ぶ
「定山渓温泉郷」がある。



●豊平峡ダム

 札幌市の水源地となっている「定山湖」は豊平川の上流を「豊平峡ダム」によりせき止めた事によってできた人造湖だ。昭和47年に完成後、周囲は原生林と湖とのコントラストで美しい風景を見せ、多くの人々が訪れる観光名所になっている。特に秋の紅葉シ−ズンは見事な色彩に包まれ多くの人に感動を与えている。展望台も有り、駐車場からダムまでは自然保護のため電気自動車が走り、更に展望台へはリフトカーを利用して行く事になる。
 渓谷には定山渓園地の散策路や朝日岳散策コースなど整備されたコースもあり気軽に渓谷の美しさを満喫することができる。

●豊平峡温泉 TEL011-598-2410

 ほうへいきょう温泉は定山渓温泉街の豊平峡ダムへと向かう少し山手側にあり、静かな山里の趣の漂う温泉だ。日帰り入浴専門の施設で山々に囲まれて大露天岩風呂に入る事ができる。湯舟の中に大きな水車が回っている程広い。ここの温泉は源泉100%がそのまま利用されていていかにも温泉という肌触りの入浴が楽しめる。泉質は、ナトリウムカルシウム炭酸水素塩塩化物泉、旧重曹泉で美人の湯とも言われ美肌効果がある。効能は入浴で神経痛、筋肉痛、慢性婦人病、疲労回復など。
飲用で慢性消化器病、慢性便秘、糖尿病、肝臓炎、通風などに良いとされる。
入浴料:1,000円、3才〜小学生500円
・利用時間:10:00〜24:00 無休 (日曜・祝日9:00〜)


豊平峡温泉

★温泉場でインド人の本格インド料理
 豊平峡温泉は広い露天風呂に巨大な石や岩を配し庭園風に造られている。そして長湯や風景をゆっくりと楽しめるように座り心地などがちょうど良い具合いに石を配置するなど遊び心も満点。四方に高い山々が望めるのどかな雰囲気もいい。いい温泉とはこういうところをいうのだろう。この温泉に通っている人たちの中には温泉以外に来る目的のある人が多い。なんとこの温泉の食堂では3人のインド人が居て本格インド料理を作っているのだ。そのスパイシーな味は病み付きもの。様々なスパイスが入っているのがよくわかる。目の前で作るナンも人気の的。チキンカリ−(ナン付き)からいろいろ用意されている。

●定山源泉公園
 定山渓温泉を拓いた美泉定山の生誕200年を記念し建設された公園で、園内はロードヒーティングが施されています。足湯、ひざ湯、美人の湯、温泉卵の湯、美泉の滝、などがあり、冬でも快適に利用できる。


★やわらぎの里に住む作家たち
●村の守り神「ふくろう」に魅せられ、表現し続ける木彫り作家
みよし工房 彫路(ボレロ)」 
 1984年北海道伝統木彫り工芸展で最優秀賞を受賞後芸術展など様々な作品展に出展や出品している木彫り作家の「三好純男」さんが豊平峡温泉から歩いて5分のところに木彫り工芸のお店を出しています。表情熊といういろいろな表情やポーズの木彫りのクマや、木でできた盛器など、木目の生きた作品がずらり並んでいます。是非立ち寄って見てね。
営業時間:9〜18時
定休日:不定休
TEL011-598-4127

 
●若き女性陶芸家!
「ましか工房」
 のどかな環境に包まれている豊平峡温泉の周辺はやわらぎの里と呼ばれている。ここなら作家活動には最適。女性陶芸家「おがのまさよ」さんもここで作品作りに励んでいる。
★「1日体験陶芸教室」
所要時間:約2時間
料金:2500円(材料費込み)
人数:2名より
予約制ですので、お問い合わせください。
TEL011-598-4460


定山渓観光協会

北海道優良民宿・旅館グループ

旅!北海道おすすめ宿リスト

トップページに
道央地域に

札幌の観光情報に戻る


北海道の観光ガイド