AUG 16, 2001 
幣舞橋より釧路フィッシャーマンズワーフMOO&EGG 


 
釧路は、阿寒の秀峰や広大に広がる釧路湿原国立公園を背景に、
自然の豊かな観光地として人気の場所です。
釧路市内には、かつて石川啄木が住んだ町として歌碑や資料館があり、
市のシンボルともされる幣舞橋や「釧路フィッシャーマンズワーフ」など
多くの見どころがあります。 時間をかけて回ってみたいところです。



●幣舞橋(徒歩で駅から北大通りを南に約10分)
 
 幣舞橋は釧路のシンボル的存在。四季の花々が彩られた花時計、四季をテーマにした4つの乙女像、出世坂。また夕日を背景に赤く染まった橋もロマンティックで全体が見所の一つとして人気です。


釧路市立博物館
(釧路駅からバスで15分、市立病院前下車、徒歩5分)
 
 春採湖を見下ろす高台にあります。氷河期の使者マンモスをはじめ、アイヌの生活や文化などを資料で展示・紹介。ジオラマによる解説が人気です。
TEL 0154-41-5809
・入館料:
大人400円、高校生210円、小中生100円
・時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
・休館日:毎週月曜日・国民の祝日
      (4月29日〜11月3日は祝日開館)
     祝日開館の振替休館日、館内整理日(2009年は12/16)
     年末年始(12月31日 〜 1月5日)
 

丹頂鶴自然公園(阿寒湖行バスで鶴公園下車)
 一時は絶滅寸前の危機にあったタンチョウも地元の人々の給餌により今は600羽あまりに増殖しています。20羽前後のタンチョウが定住しており、年間を通して観覧できる世界でも唯一の公園です。
TEL0154-56-2219
・開園期間:4月10日〜体育の日:9:00〜18:00
      体育の日の翌日〜4月9日:9:00〜16:00
・休園日:年末年始
・入場料…
高校生以上400円、小中生100円、幼児無料

●釧路市動物園 TEL0154-56-2121 
   
 全国で2番目に広大な敷地をもつ釧路市動物園には現在70種前後、400を越える程の鳥獣が飼育されています。北海道に生息しているもののうち国の天然記念物(特別天然記念物も含む)に指定されているシマフクロウやオジロワシ、オオワシ、タンチョウといった貴重な鳥たちもここで見る事が出来ます。また園内には、自然さながらの湿地帯と池が造られ、そこには渡りをするオオハクチョウが数百羽も飛来して羽を休めるという珍しい光景も見られる動物園なのです。タンチョウは国内では最も多い21羽を飼育しており、真近でヒナの子育てをする姿を見る事も出来ます。その他ゼニガタアザラシ、トナカイ、ホッキョクグマ、アムールトラ、アフリカゾウなども居て人気物になっています。注目すべきは、国内最大のシマフクロウを世界で初めて飼育下での繁殖に成功し、巣立ちまでさせている事。シマフクロウは北海道には現在120羽程度しか確認されていない絶滅にひんした貴重な鳥として保護されています。平成21年4月5日、生れつき四肢に障害のあるアムールトラの雄(タイガ)と雌(ココア)の新しい獣舍が完成し人気を集めています。また、現在円山動物園からホッキョクグマの『デナリ』が来て、『クルミ』との繁殖をめざしています。
・開園時間:9:30〜16:30(4/10〜10/12)無休
      10:00〜15:30(10/13〜4/9)休園あり
・入園料:
大人500円、中学生以下無料
     入園パスポート800円、遊園地1日券1,500円
釧路市動物園

●春採公園
 
 ヒブナの生息する湖として国の天然記念物に指定されているところです。市内の南東に位置し、付近には国指定史跡の先住民アイヌのチャランケチャシ、堅穴群、自然観察の案内をしているネイチャーセンターもあります。

●武佐の森
 根室本線武佐駅の近くに「武佐の森」があります。ここは長年鉄道防雪林として残されてきたもので、ほとんど人手が入らずに残っています。幹の太さが1mを超えるハルニレやミズナラの高木、マユミ、エゾニワトコなど低木が生い茂る自然豊かな森となっています。中には樹齢200年を超えるハルニレやミズナラもあります。

和商市場  
 
 日本有数の漁港をもつ水産都市にあって北海道三大市場の一つに数えられる市場。新鮮さを第一とする魚介類をはじめ青果・日用品店など80店舗程が市民の台所として活気があふれています。地元中心の安さが売り物、観光客にも人気の場所です。ショッピングはもとより、買い物を楽しみながら魚介の新鮮さを確かめるべくお好みのどんぶりにご飯を盛り、上に乗せる具材をいろんなお店から好きなように選んで食べる「勝手丼」が人気で、ここの市場に寄る観光客やライダーの定番となっています。

●釧路湿原国立公園
 
 全国で28番目に国立公園に指定されたこの湿原は国内最大の湿地。「特に水鳥の生息地として、国際的に重要な湿地に関する条約」であるラムサール条約の登録湿地となっています。約2,000種の動植物が生息しています。タンチョウ、エゾモモンガ、エゾシカ、エゾキツネ、などがそれぞれに自然の中でイキイキと生活しているのを見る事ができます。また、展望台からは湿原の植物を代表する「谷地坊主」や3大湖沼などの美しい景観が楽しめます。

釧路市湿原展望台
 釧路市内から鶴居・弟子屈方面に向かう道道53号線沿いにあります。釧路湿原を一望でき、施設内ではパネルによる湿原の生い立ち、湿原の動植物、遺跡、地形、地質などの解説がされています。また周辺には1周約2.5kmの散歩道(木道)が設置されていて真近に湿原の様子が観察できます。
・開館時間:5/1〜10/31…8:30〜18:00
       11/1〜4/30…9:00〜17:00
・休館日…12/31〜1/3
・入館料…
大人400円、高校生210円、小中生100円
・TEL 0154-56-2424

●釧路湿原野生生物保護センター
 
 
 湿原展望台から徒歩15分のところにこの施設があります。釧路湿原のなかで、湿原や野性動物の保護と管理をするモデル施設です。館内には、シマフクロやタンチョウなど絶滅の恐れのある野生生物に関する資料展示室、視聴覚室、ギャラリー、観察コーナー等が併設されています。
・開館時間:10:00〜17:00
・休館日:11/1〜4/下旬…毎週土日・祝日、年末年始
入館無料
・TEL 0154-56-2345


●港文館
 
 歌人石川啄木が76日間の釧路滞在中、新聞記者として建筆をふるった旧釧路新聞社を復元したものが港文館。啄木に関する多数の資料展示の他、郷土資料や港湾資料が展示されていて興味深い施設です。
・開館時間…(5月〜10月)10:00〜18:00
      (11月〜4月)10:00〜17:00
・休館日…毎月曜、12/31〜1/3
入館無料
・TEL 0154-42-5584
●釧路フィッシャーマンズワーフMOO&EGG

 旧釧路川に面し、幣舞橋に隣接してつくられた一大観光レジャー施設がこの建物です。ここには観光バスや港内遊覧船の旅客ターミナルが有り、旅行者にも馴染み深いところです。館内には地場産中心のグルメ街やショッピング街があり流水プール付きのフィットネスセンターも入っていて地元の若者たちや主婦層にも人気の場所となっています。観光シーズン(6〜9月)にはさまざまなイベントが催され、お土産品も豊富。帆船を型どった日本初の総ガラス張り緑地公園では旅行者も地元民も一緒になって楽しむ姿が多くみられます。 
TEL 0154-23-0600
釧路フィッシャーマンズワーフMOO

●マリン・トポスくしろ 
 全国的にも珍しい水産基地の現場にある水産資料展示室がこの施設。毎日水産情報が得られたり、ジオラマを通した漁港の一日をビデオで紹介しています。また釧路に水揚げされる魚や漁業の歴史資料、漁法の紹介もされています。最大の特長は、実際の水揚げ風景が5階の展望室からみる事ができ、さらにセリ入札場や荷揚げ所なども見学できる点です。普段立ち入ることのできない漁港市場の生きた現場をかいま見る事ができるます。市民はもちろん、旅行者や漁業関係者にも多く利用されています。
・開館時間…9:00〜17:00(入場は16:30まで)
・休館日…日・祝日(7/1〜10/31は無休)
釧路市水産課 TEL 0154-22-0191

*各情報は予告なく変更される場合があります。ご利用の際にはご確認お願い致します。

SPA 温泉情報
●釧路山花温泉

 
山花温泉リフレ
 釧路市内で初めて温泉が湧出したのが山花温泉。場所は釧路市動物園のすぐ目の前にあります。大浴場の他露天風呂、サウナも利用できます。
・泉質:ナトリウム・カルシウム塩化物−強食塩泉
・効能:神経痛、筋肉痛、疲労回復、関節痛、運動麻痺等に効果あり
・日帰り入浴料:
大人600円、中学生500円、小学生300円
・営業時間:10:00〜22:00(入館21:30まで)
・TEL 0154-56-2233

スポーツ&レジャー情報
●山花公園レジャー情報
 
 
 釧路動物園を中心に、すぐ回りにある「山花温泉」、「山花公園オートキャンプ場」のある所が山花公園です。ここに「釧路市ふれあいホースパークがあり、家族連れなどに人気の場所になっています。釧路動物園で珍しい動物などと出会ったあとは、ドサンコに乗って馬とのふれあいが楽しめるというわけです。
・開園期間…4月下旬〜11月上旬
・開園時間…9:30〜16:30
・休園日…毎週水曜日(祝日の時翌木曜日)
・乗馬可能時間…10:00〜16:00
        (12:00〜13:00休憩)
・料金…
引き馬コース一周(200m)520円
    
馬車一回 大人420円、子供210円
    フリー乗馬 馬と馬場1時間2,100円

    ホーストレッキング 50分4,200円
               70分5,250円
釧路市ふれあいホースパーク


<アクセス>
●飛行機
 東京・大阪・名古屋・千歳・丘珠・函館
JAL  ANA

●列車(釧路駅 TEL 0154-24-3176)
・根室〜釧路駅(根室本線) 1日7本
       約2時間30分 片道2,420円
・網走〜釧路駅(釧網本線) 1日5本
       約3時間 片道3,570円
JR北海道釧路支社

●バス くしろバス TEL 0154-25-1223
・札幌〜釧路 予約制
  所要時間約6時間40分 料金5,610円

●レンタカー
営業時間は変更する場合がございます
・ニッポンレンタカー
 釧路駅前 TEL0154-23-0919(営業8:00〜19:00)
 釧路空港 TEL0154-57-3871(営業9:00〜18:00)
・トヨタレンタリース
 釧路駅前 TEL0154-23-0100(営業8:00〜20:00)
 釧路空港 TEL0154-57-4100(営業8:00〜20:00)
・日産レンタカー
 釧路駅前 TEL0154-31-2341(営業8:00〜20:00)
 釧路空港 TEL0154-57-4855(営業8:30〜19:00)


●レンタサイクル
・サイクルいまい
 TEL0154-37-4064/1時間420円

●定期観光バス
阿寒バス TEL0154-37-2221

◆くしろ湿原一周号 午前コース
・運行期間…5/1〜6/30、10/1〜10/31    
・所要時間…約4時間45分、釧路駅前8:25発
・料  金…
大人2,950円、子供1,330円
      (施設入館料は含まず)
・釧路駅前(8:25発)〜MOO(乗車可8:30発)〜釧路プリンスホテル(乗車可8:30発)〜細岡展望台〜コッタロ湿原展望台〜釧路湿原展望台〜丹頂鶴自然公園〜釧路空港(下車可12:25着)〜MOO、釧路プリンスホテル(下車可)〜釧路駅前(13:10着)
※午後コースもあります。5/1〜9/20

◆ノロッコ号とバスでくしろ湿原めぐり
・運行期間…7/1〜9/30(施設入館料は含まず)
・所要時間…4時間45分
・料金…
大人3,180円、子供1,440円 (予約制)
釧路駅前(8:25発)〜MOO(乗車可8:30発)〜釧路プリンスホテル(乗車可8:30発)〜丹頂鶴自然公園〜釧路湿原展望台〜コッタロ湿原展望台〜エコミュージアムあるこっと〜JR塘路駅〜(ノロッコ号乗車)〜JR釧路駅(12:54頃着)〜MOO、釧路プリンスホテル(13:10頃着)

◆ピリカ号
・運行期間…4/25〜5/6、5/9〜31の土日祝、6/1〜10/20
・所要時間…9時間35分
・料金…
大人5,500円、子供2,750円 (予約制)
釧路駅前(8:00発)〜MOO(乗車可8:05発)〜釧路プリンスホテル(乗車可8:05発)〜釧路湿原北斗展望台〜摩周湖〜
美幌峠〜屈斜路プリンスホテル(乗降可11:58着)〜屈斜路湖砂湯〜川湯温泉(乗降可12:45着)〜硫黄山〜川湯駅通(下車可13:43着)〜阿寒湖畔またはオンネトー〜阿寒湖畔(下車可14:50着)〜釧路空港(下車可16:40着)〜釧路駅前、MOO、釧路プリンスホテル(17:35
頃着)

*各情報は予告なく変更される場合があります。ご利用の際にはご確認お願い致します。







釧路市観光関連ホームページへのリンク集



温泉民宿 山口*阿寒湖

旅!北海道おすすめ宿リスト

北海道観光ガイドタクシー






北海道の観光ガイド