オホーツク地方


サロマ湖は道内では一番、全国でも三番目に大きな周囲91kmの海跡湖です。
オホーツク海と湖を隔てる長さ約25km、幅200m〜700mの砂嘴があり、
周辺には5月中旬〜9月にかけて、300種を越える花々が咲き競う原生花園や森林公園、
9月頃から見れる真っ赤なサンゴ草、湖の美しさに感動する竜宮台
など見どころがとても多いところ。

東側湖畔にある栄浦は、
夕陽の名所として知られています。



ワッカ原生花園
オホーツク海とサロマ湖を隔てる、「竜宮街道」と呼ばれる細長い砂嘴の一帯が、5月中旬から9月にかけてハマナスを始め、エゾスカシユリ、センダイハギ、エゾゼンテイカ、300種を越える花たちが咲き香る。これが日本最大の海岸草原、「ワッカ原生花園」です。

ワッカネイチャーセンター
TEL 0152-54-3434
 ワッカ原生花園のあるワッカ地区は、かけがえのない自然をより良い状態のままにということから、全ての動力車両が全面通行規制されています。
栄浦大橋を渡った入口には、エントランスサービスを担うワッカネイチャーセンターがある。ここでは、原生花園の植物群等の展示やマルチビジョンの上映(有料)も行われている。
無料駐車場有。
観光馬車「ドリームワッカ」大人1,500円、小学生以下1,000円
レンタサイクル:1台500円
・開館期間…4月下旬〜10月13日
・開館時間…8:00-17:00(6〜8月は18:00迄)
・休館期間…10/14〜4月下旬
・入館料…無料

●サロマ湖展望台
 サロマ湖に沿って国道238号を行くと幌岩山があり、山頂には「サロマ湖展望台」がある。ここからの眺望は素晴しく、サロマ湖、オホーツク海、遠く知床半島をも一望できる。周辺には遊歩道もありサロマ湖に来たらぜひ行って見ることをおススメしたい場所です。

●森林公園
 常呂の街並みが一望できる東部の丘陵地帯にあるのが森林公園です。63ヘクタールという広さの中にひときわ目立つ建物は100段の階段がある「開基百年記念展望塔」ここからの眺望も又素晴しい(閉館中)。アドベンチャートリムや森林浴、バードウォッチングなどが楽しめる遊歩道もあります。


●一本の木

 農協牧場内にポツンとたった一本のニレの木。常呂の町が一望でき、絵になる風景がそこにあります。


●キムアネップの岬
 サロマ湖の東南部、湖に突き出たキムアネップ岬には原生植物の群落地があり、青紫のヒオウギアヤメ、淡紅色のハマナス、深黄のセンダイハギなど約50種の花が6月〜8月にかけ咲き競います。9月を過ぎると真っ赤なサンゴ草が岬一帯を赤く燃やす。
キャンプ場や遊歩道、釣り船、貸ボート等もある。


常呂手工芸の館 TEL 0152-54-2272 
「ところ流氷焼き」は町のオリジナル陶芸。流氷がモチーフのこの焼物は、地場の粘土、サロマ湖のホタテ貝やカキ貝を釉薬に使った独自のもの。
・入場無料:9:00〜17:00
・休館日: 月曜休み、年末年始、祝日の翌日
★陶芸体験…絵付け教室(1600円〜)、タタラ板つくり、手びねり教室(2400円〜)

●東京大学文学部常呂資料陳列館
 東大の附属資料館で、擦文・オホーツク文化等、貴重な考古学資料が展示されている
入館無料/9:00〜17:00、火曜、祝日、年末年始休館
TEL 0152-54-2387

●遊園地 (湧別町)
・ファミリー愛ランドYOU  TEL 01586-8-2450
 観覧車・サイクルモノレール・チェーンタワー・パラトルーパー・グレートポセイドン・エアーフ阿ター・ゴーカートなどがありファミリーで楽しめる。
・料金:1日券、1人1,600円
・期間:4/29〜9/20…9:30〜17:00 
    9/21〜10/12…9:30〜16:00
・休園:毎週月曜日(休日のとき翌日)


●キャンプ場期間…4月末〜10月)
・民宿いとうキャンプ場(佐呂間町)
 敷地1,000坪以上の広さ、乗用車50台以上駐車可。
・入場料:車1台1張500円 (テントは持参)
・設備:トイレ・炊事場あり、
 ライダーハウス1人500円(30名 収容)(トイレ、洗面、TV施設あり)
 TEL 01587-2-3846
・三里浜キャンプ場(湧別町)(期間…7/20〜8/20)
サロマ湖とオホーツク海を仕切る砂州上にある。
オートキャンプサイト・バンガローあり
・所在地:湧別町字登栄床
・問:(株)湧別振興公社 01586-8-2455

リンク情報


北海道優良民宿・旅館グループ

旅!北海道おすすめ宿リスト


トップページに
道東地域に