根室半島と知床半島のちょうど真ん中あたりに、
えびの形のように根室海峡に突き出た野付半島があります。
この地形は、一方の湾口から入り込んだ砂などが蓄積してできた
砂嘴と呼ばれるもので全長およそ28kmにも及ぶ半島です。
この半島は自然が豊かで、原生花園やハマナス群生地がある他、
タンチョウの営巣地も見られます。
又、トドワラやナラワラの風景が続く独特の景観をもっています。

●フラワーロード
 野付半島の入口から車止めのあるレストハウスまでの約15kmの道路は、半島を縦断する一直線の道でフラワーロードと呼ばれるドライブコース。途中には、ナラワラやハマナス群落地の見所もあります。

●トドワラ
 海水に浸食されたトドマツの木々が立枯れたり横たわっている光景が続いています。レストハウスから徒歩約20分、一周約15分の木道遊歩道もあります。

●ナラワラ
 フラワーロードのほぼ中間地点に、海水に浸食され風化したミズナラの木々が立枯れている広大な場所があります。

●原生花園
 半島の東端、野付崎、竜神崎一帯に、原生花園が広がっている。アヤメやセンダイハギなど、5月下旬頃から10月まで色鮮やかな花々が次々に咲き乱れます。ここには自然探勝路もあり、散策が楽しめます。近くにあるボッコ沼周辺は、タンチョウの営巣地となっていて秋には優雅な舞を見る事も可能。

●一本松
 野付半島のシンボルともなっているこの木は、自然探勝路の奥にあり、エゾカンゾウの群落の中に1本だけ美しく枝をのばした松の木の様に立っています。実は、ナラの木で、通称「一本松」と呼ばれています。

●北方展望塔
 国道244号沿いの春別の近くにある展望施設で、野付半島を始め、オホーツク海に浮かぶ北方領土・国後島が一望できます。この建物は北方領土返還要求運動の一つとして建てられ、「四島への道・叫びの像」が目です。

●白鳥台
 春別川の河口高台が白鳥台と呼ばれる場所で、12月〜3月にかけて数千羽をこえる白鳥が集まり、近くでその姿を見ることができます。

●打瀬舟
 野付半島の内側、野付湾は水深2〜5m程の海草に覆われ、北海シマエビの繁殖地帯となっています。この北海シマエビ漁の舟が打瀬舟で野付湾ならではのこの光景。6月下旬〜7月末、10月下旬に見ることができます。打瀬舟は帆が受ける潮風を推進力にした独特の方法で漁をする舟で、浅い海底の状況と密集した海草を守るための自然に優しい舟なのです。


温泉情報
●尾岱沼温泉
 エビ漁の打瀬舟や野付湾遊覧船の基地となっている港に尾岱沼温泉がある。泉質はナトリウム塩化物泉で筋肉痛や神経痛に効くと言われている。
・日帰り入浴/
・料金:
大人440円、小学生140円、幼児70円
・時間:14:00〜22:00
・定休日:第1、3月曜日(7〜8月無休)  
・野付温泉浜の湯 TEL0153-86-2132

観光遊覧船
 尾岱沼から野付半島へ野付湾を遊覧する観光船
・運行期間/4/25〜10月中旬
・1日3便(往復コース)料金/
大人2,480円、子供1,240円
・複数コース有り
 TEL0153-86-2533 別海町観光船





北海道優良民宿・旅館グループ


旅!北海道おすすめ宿リスト








北海道の観光ガイド