June 1, 2006 G


人口195万人を数える道都「札幌」は、東北・北海道で一番の大都市です。
北海道中のものがこの街に集まり、食べ歩きや観光等、
空の玄関「新千歳空港」を控えて北海道旅行の中心地にもなっています。
街並は整然と碁盤の目の様に区画され、
住所を知るだけで地図がなくても行ける程です。
 また、近代的な都市型の街の中に、時計台や赤レンガの旧道庁舎
といった開拓時代をしのばせる歴史的建物が今も残り、
広い道路には街路樹の並木が続いて
自然と調和のとれた街づくりが、
「暮らしてみたい街」として
いつも人気の高い都市になっています。


 In Summer  春・夏の情報


English page Click!!




●大通公園 

 札幌を南北に分け、中心街を東西に1.5kmも延びる花と緑の憩の公園が大通公園です。石川啄木、有馬武郎などの文学碑、彫刻なども多くあり、市民や観光の人たちが噴水を見たり、トウモロコシを食べたり、芝生に寝ころび日光浴を楽しむ都会のオアシスになっています。テレビ塔展望台も公園内にあり、ここから公園や市内を一望することができます。観光幌馬車が一周して市内の主な観光名所を回ってくれます。
観光幌馬車 tel 011-512-9377
 4/下旬〜11/3(雨天中止)
 10時00分〜16時00分 所要時間:40分
 (昼休み 12時00分〜13時00分)
 9、10、11月は15時まで
 料金:
大人1,800円、小人1,000円、幼児500円
 二階席は、
大人2,200円、 小人1,200円、幼児600円) 
 定員/24名 一階・二階各12名
 営業期間:4月末〜11月3日(雨天中止)
 定休日:水曜日

テレビ塔展望台 tel 011-241-1131
 高さ147mのテレビタワー。90mの高さにある展望室から市内一円が眺望できます。
  (大通西1丁目/地下鉄大通駅徒歩4分)
・営業時間:9:00〜22:00(4/1〜4/30は9:30〜)
        9:30〜21:30(10/13〜3/31)
・入場料:
大人720円、高校生600円
      中学生400円、小学生300円、幼児100円
テレビ塔と時計台の共通入場券券は920円→800円になります。


北海道大学附属植物園tel 011-221-0066
 かつてこの地を覆っていた原生林をそのままみることができる植物園です。面積133,000平方メートルに、植物の種類は4,000種を越えます。園内にはアイヌの民族資料を展示する北方民族資料室や考古資料の北大博物館も併設してあります。
・開園期間:4月29日〜11月3日
・開園時間:9:00〜16:00(4/29〜9/30)
        9:00〜15:30(10/1〜11/3)
・入園料:
大人420円、小中300円
・休園日:毎週月曜(祝祭日の場合は翌日)

*冬期は温室のみ公開
・開園期間:11月4日〜4月28日
・開園時間:10:00〜15:30(土曜日〜12:30まで)
・入園料:
小学生以上120円
・休園日:日曜祝祭日及び12月28日〜1月4日)
(中央区北3西8丁目、地下鉄11丁目駅下車)

道立近代美術館 tel 011-644-6881
 道内出身や在住の画家、彫刻家たちの作品が収蔵され、テーマを設けて展示されています。特別展も年6回程度予定されています。詳細については問い合せを。
・開館時間:9:30〜17:00(入館16:30まで)
       夜間開館日もあり
・休館日:毎月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始、
      展示替え期間
・入館料:
常設展一般510円、高校・大学生250円
      
中学生以下無料
      特別展は別料金

(中央区北1西17、地下鉄西18丁目駅下車)


札幌市資料館 tel 011-251-0731
 大正15年に建てられた旧札幌控訴院には、文学資料や考古資料が展示されています。玄関正面に法の女神テミスのレリーフがあります。軟石の建物として親しまれています。
入館無料、9:00〜19:00 月曜日、12/29〜1/3休み、ただし月曜日が祝日の場合は開館。翌日が休館となる
(中央区大通西13丁目、地下鉄西11丁目駅下車)

●北大ポプラ並木
 

 札幌農学校を前身とする北海道大学は、181haの広い敷地をもつ美しいキャンパスの学校です。重要文化財にもなっている第二農場模範畜舎や古河記念講堂など歴史的な建物もあり、落ち着きのある学園風景が見られます。構内北西部の農場側に、100年以上も経た北大名物のポプラ並木があります。2004年の台風で半数が倒れましたが、移植などで保護され、入口から見ることができます。
(北区8条西7丁目、地下鉄12条駅)
 第二農場北18条西8丁目 tel 011-716-2111


円山公園
 大通公園の西側に標高226mの円山があります。円山の麓約70haの広さの緑地が円山公園です。札幌のさくらの名所として知られ、市民が多く訪れるところです。また、天然記念物に指定されている円山原始林や北海道神宮の境内が公園と隣り合せに続き、園内には円山動物園、野球場、総合グランド、テニスコートなどが隣接しています。
    
円山動物園
 

東京以北随一の規模を誇る動物園として一年中開園しています。世界中から集められた珍しい動物たちを見る事ができます。熱帯動物館、世界の熊館、類人猿館、は虫類館、熱帯鳥類館、昆虫館、タスマニア館、こども動物園、総合水鳥舎などの施設に分かれ、約200種1000匹の生きものたちが飼育展示されています。
(中央区宮ヶ丘3-1、地下鉄円山公園駅下車)
・開園時間:9:00〜17:00(2〜10月)
        (11月〜1月は16:00まで)
・休園日:12/29〜12/31
・入園料:
高校生以上600円、中学生以下無料
      年間パスポート1,000円
・TEL: 011-642-5709

本郷新記念 札幌彫刻美術館
 札幌出身の彫刻家「本郷新」が残したブロンズや木彫などの作品百数十点が展示されています。別館の本郷新記念館には、デッサン彫刻原形などが展示されています。
(中央区宮の森4-12、地下鉄西28丁目駅下車)
・開館時間:10:00〜17:00 (入館は16:30まで)
・休館日:毎月曜、月曜が祝日の場合は翌日、年末年始
・入館料:
常設展大人300円、高・大学生200円、
      中学生以下無料
      特別展大人500円、高・大学生300円、
      中学生以下無料
・(札幌市中央区宮の森4条12丁目  電話:011-642-5709)

 



●時計台(重要文化財)
 
 札幌歴史館時計台は、明治11年、札幌農学校の演武場として建てられたものです。以来100年にもわたって時を刻み続けています。館内には札幌の歴史に関する資料が保存・展示されていて見学できます。
・開館時間:8:45〜17:10
・休館日:第4月曜日、 祝日の時は翌日、
      年末年始 (12/29〜1/3)
・観覧料:
大人200円、中学生以下無料
・TEL:011-231-0838
リンク情報 札幌時計台


●北海道旧本庁舎
(通称赤レンガ庁舎)
 米国マサチューセッツ議事堂をモデルに、明治21年に建造された明治を代表する優れた建物。国の重要文化財にも指定さてていて内部に北海道の歴史書を集めた文書館もあります。また、夜でも外観はライトアップされています。
 (北3西6札幌駅徒歩10分/
入場無料
・開館時間:9:00〜17:00
・休館日:12/29〜1/3
 ・問合せ先…北海道庁 tel 011-231-4111(代)

 


●もいわやまロープウエイ
 

 標高531mの山頂から眺める札幌市街や広大な石狩平野の展望が素晴しい所です。宝石をちりばめた様な夜景の美しさは札幌ならではのきらびやかさ。山頂へはミニケーブルカー「もーりすカー」を利用することになりますが世界初の乗り物です。(地下鉄円山公園より市バス〈西口〉でロープウェイ前下車)

もいわ山ロープウェイ tel 011-561-8177

・冬季営業期間
  12/23〜3/31…11:00〜21:00(上り最終20:30)
夏季営業期間営業期間
 4/14〜11/30…10:30〜22:00(上り最終21:30)

・乗車定員/66名、乗車時間/約5分
・料 金 :往復一般1,100 円、団体15名以上880円

もーりすカー(ミニケーブルカー)
 もいわ中腹駅からもいわ山頂駅を結ぶ2台のキャビンが往復します。
・乗車定員/一両30名×2両、乗車時間/約70秒
・料 金 :往復一般600 円、団体15名以上480円

●大倉山・宮の森ジャンプ競技場
 1972年の札幌冬期オリンピックでは、大倉山は90m級ラージヒル、宮の森は70m級ノーマルヒルの会場になったところ。国際スキー連盟のルールとサマーヒル競技にも対応し、夏も飛べる施設。ナイター照明もあり、一般の人々も気軽に観戦できます。最上階に設けられた展望ラウンジからは札幌市街が一望、併設されている体験型の札幌ウィンターミュージアムとともに人気になっています。
*大倉山展望台:4/29〜11/3(8:30〜18:00)
    4/19〜4/28、11/4〜4/6(9:00〜17:00)
 リフト往復:
大人往復500円、小人300円
・休業期間:4/7〜4/18
大倉山


◆札幌ウィンタースポーツミュージアム
 ウィンタースポーツの歴史の紹介、普及と発展を目的に開設され、館内にはオリンピックを始めとする競技大会の資料、ウィンタースポーツの歴史資料の「展示ゾーン」、疑似体験で競技が理解できる「体感・体験ゾーン」、競技のことが良くわかる「競技情報ゾーン」でウィンタースポーツの楽しさが身近に実感できる施設となっています。
TEL 011-631-2000
・入場料:大人600円、中学生以下無料
札幌ウィンタースポーツミュージアム


札幌ドーム
 2001年6月にオープンした国内最大級のイベントドーム愛称「HIROBA」は、ドームツアーが道内外の人々に人気となっています。ツアーに参加すると選手のロッカー室やブルペンなど通常は入れないエリアにもガイドさんの案内により見学することができます。展望台から見下ろすドーム内や札幌市街の迫力も一見の価値有りです。
ドームツアー専用 TEL011-850-1020

ドームツアー券 高校生以上 1,000円、4歳以上中学生 500円
ドームツアー展望台共通券
高校生以上 1,200円、小・中学生 1,000円


札幌芸術の森 tel 011-592-5111
 南区常盤の丘陵地40haの敷地の中に、芸術の森センターを始め、野外美術館、アートホールの他、染色ガラス・陶芸・木工などの工房や彫刻アトリエなどが配置されているスペースです。総合芸術を鑑賞したり、創作活動もできます。音楽イベントもいろいろ開かれています。 (南区芸術の森2)
◇野外美術館
・開場時間:9:45〜17:00(6/1〜8/31は17:30まで)
・開園日:4/29〜11/3は無休
・休園日:11/4〜4月28日、毎週月曜日(休日の時は翌日)、年末年始(12/29〜1/3
)、野外美術館は11/4〜4/28日の期間冬季休館
・料金:
大人700円、中学生以下無料
札幌芸術の森美術館
・開場時間:9:45〜17:00(6/1〜8/31は17:30まで)
料金:展示によって料金が変わります

滝野すずらん丘陵公園
 400haという広大な国営公園づくりが進められています。公園散策や子供の遊び場、釣り堀、フリークライミング場があります。冬はソリ遊びや歩くスキーができます。(南区滝野)
・開園時間:9:00〜17:00(6〜8月は18:00まで)(12/23〜3/31は16:00まで)
入園料:大人(15歳以上)410円、
     小・中学生80円、小学生未満無料
・駐車場:普通車410円、二輪車150円
・TEL:011-594-2222

羊ヶ丘展望台
 

 北海道農業試験場の一角にあり、牧場では羊の群れが草を食む牧歌的光景が見られます。高台になっているので牧場越しに札幌市街が一望できます。記念撮影の名所でクラーク博士の立像がある事で有名です
.
・営業時間:8:30〜18:00(5/1〜6/30)
        8:30〜19:00(7/1〜9/30)
        9:00〜17:00(10/1
〜4/30)
・入場料:
大人520円、小中学生300円
・TEL:011-851-3080


●野幌森林公園 tel 011-898-0455
 敷地2,000haの大緑地公園の中に、北海道開基100年を記念した高さ100mの百年記念塔、開拓の村があります。園内の原始林は天然記念物に指定されています。(厚別区厚別町小野幌)
野幌森林公園自然ふれあい交流館

北海道開拓の村 

 北海道内の明治・大正期の建造物を移築、復元した野外博物館で、開拓期の生活をしのぶ目的でつくられています。夏は建物の間を馬車鉄道が、冬は馬ソリが走っています。
・開村時間:5/1〜9/30:9時〜17時(無休)
        4/1〜30、10/1〜3/31:9時〜16時30分
休村日:毎週月曜日(祝日、振替休日の場合は翌日)
     年末年始(12月29日〜1月3日)
入村料金: 夏期:4月〜11月 冬期:12月〜3月
一般

830

680

大学生・高校生

610

550

団体(一般)

680

550

団体(大・高生)

550

480

開拓の村年間パス(一般)
「村民パスポート」
1,500
駐車料金
無料
駐車料金:バス 620 普通車 300 二輪車 200
※冬期間(11月はじめ〜翌年4月はじめ)は無料開放

馬車鉄道乗車料/夏期(4月〜11月)
小人(3歳〜14歳)
130円
大人(15歳以上)
270円
馬そり乗車料/冬期(12月〜3月の土・日・祝日)
小人(3歳〜14歳)
130円
大人(15歳以上)
270円
・TEL:011-898-2692


北海道開拓記念館 現在工事中 4月18日オープン予定
 北海道開拓の歴史を当時の資料を中心に展示解説しています。昔の道具を使って、遊びの体験もできます。
*特別展も開催あり!
・開館時間:9:30〜16:30(入館は16:00まで)
・休館日:毎週月曜(月曜でも開館日あり)、年末年始(12/29〜1/3)、祝日(祝日も開館日あり)、振替休館日あり
・観覧料:
大人500円、大学・高校生170円、
      小・中学生無料

・TEL:011-898-0456



●札幌定山渓温泉の観光は こちらをクリック!



サッポロファクトリー  
 サッポロビール札幌工場第一製造所であった建物の赤レンガ工場が再生保存され、日本最大級のアトリウムのある建築物。中には、フーズマーケット、ファッションや生活雑貨の商店、レストラン、ホテル、温泉施設、映画館、美術館など多くのものがひとつの都市空間として集められて「サッポロファクトリー」として巨大なビル都市になり、市民をはじめ旅行者も多く訪れる札幌の生活とレジャーの広場となっています。

TEL: 011-207-5000

◇札幌マイセン美術館
 ドイツマイセン磁器製作所唯一の公認美術館。美術館所蔵の「ウニカート」と呼ばれる、マイセン磁器変革期に自由な発想のもとに創作された作品を中心に、マイセン磁器製作所所蔵の約250年前ごろの初期の作品をはじめ、1900年にパリ万博に出品された大花瓶なども展示公開されています。保護のもとで時間をかけ1つ1つ手づくりされたマイセン磁器の素晴しさと同時に、あちこちに影響を与えている日本の伊万里焼の芸術性もまた認識できる機会がもててとても楽しく見て回れるものです。総数およそ150点位が展示されています。
・開館時間:10:00〜18:30
・休館日:サッポロファクトリー休館日に準ずる
・入館料:
大人1,200円、大高生800円、
      小中学生400円
・TEL: 011-222-1919
札幌マイセン美術館


サンピアザ水族館 tel 011-890-2455
 ホシエイ、シマアジなど海の大型魚を始め、ピラルクやウーパールーパー、クリオネなど淡水の魚や生き物約200種1万点が飼育展示されています。マリンガールによる餌付ショーやイシダイのサーカスが人気。
(厚別区厚別中央2、地下鉄新さっぽろ駅下車徒歩3分)
・開館時間:10:00〜18:30(10月〜3月18:00まで)、
        入館は閉館30分前
・休館日:無休 
・入館料:
大人900円、小人400円、
     65才以上720円 



白い恋人パーク

 北海道のお土産として有名なお菓子「白い恋人」。ショップでは石屋製菓の商品の販売や、ケーキビュッフェ、レストランもあります。
白い恋人の生産工程のチョコレートファクトリーやチュダーハウスが見学できます。
イングリッシュガーデンでは、毎正時、からくり人形の愉快なショー「チョコレートカーニバル」が楽しめます。

見学料:一般600円、中学生以下200円
営業時間:9:00〜18:00
TEL0120-375562
石屋製菓



百合が原公園 
 100種類約12万球のユリ園と、大芝生広場、野草園のある花の公園。満開時はみごとです。
    (北区篠路大平210)
・開園時間:8:45〜17:15(入園は16:45まで)
・休園日:毎月曜日、祝日の時翌日休み(温室)
・入園料:
温室高校生以上130円、世界の庭園大人130円
    
リリートレイン1人1回360円
・TEL:011-772-4722

中島公園
 札幌で最も歴史をもつ都市公園。園内には鴨々川が流れ、池にはボートも浮び、明治時代の洋風建築を代表する豊平館、江戸時代初期の茶人小堀遠州が建てた八窓庵の二つの重要文化財がある他、冬のスポーツ博物館、天文台、バラ園、子供の国、各種スポーツ施設があります。
豊平館(重要文化財) tel 011-511-0985
 明治13年、開拓使によって迎賓館として建てられたもの。現在も市営の結婚式場として使われています。建築史的に貴重な存在で、一般公開の展示室があります。
 展示室:9:00〜17:00
 毎月第2火曜(ただし6〜10月は開館)、年末年始休み
 
無料

モエレ沼公園
 彫刻家イサム・ノグチ氏が参画して作られた、「公園をひとつの彫刻」とするダイナミックな公園。
高さ50mのモエレ山や、イサム・ノグチがデザインした120基以上の遊具があります。

4/29〜10/19の期間は最大噴上高25mの「海の噴水」がダイナミックな水しぶきをあげます。
レストラン・ショップもあり。
北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1


JRタワー展望室

 札幌駅ビルに百貨店やレストラン、シネマコンプレックス、ホテル、ショッピングモールなどの都市型施設が複合した巨大な空間「JRタワー」があります。 中には地上100m、22階に設けられた天然温泉スパ&エステで温泉入浴もできます。
地上160m、38階の展望室「T38」は、最も高い場所から札幌の街並み360度が眺望できます。北に小樽、東に夕張岳、南には札幌中心部、西側には山並みが続き、人口180万都市の街並み形成やその大きさが実感できます。
営業時間:10:00〜23:00
入場料:大人720円、中高生500円、小学生・幼児300円

札幌市青少年科学館 
 理工系科学館という事で、楽しみながら見て・触れて・体験し・考えることのできる300以上もの展示物があり、最新の科学技術を身近に感じられる。天文台からロボットまであらゆる分野のものが展示・解説、実験コーナーも1階から3階、さらに屋上まであります。最新の科学技術を身近に感じられます。
 (厚別区厚別中央1、地下鉄新さっぽろ駅下車徒歩3分)
・開館時間:9:00〜17:00(10〜4月は9:30〜16:30)
・休館日:毎週月曜、毎月最終火曜、祝日の翌日、特別展最終日の翌日、年末年始
・入園料:
展示室大人700円、プラネタリウム500円、中学生以下無料
・TEL:011-892-5001 


●定山渓温泉
 札幌市街から豊平川の上流約30kmにある120年の歴史をもつ温泉郷。各ホテルで日帰り入浴も楽しめます。
TEL 011-598-2012定山渓観光協会




札幌周辺の遊覧飛行

札幌の交通■ 札幌の宿情報



ペンション雪輪
 (札幌で唯一のペンション)


北海道観光ガイドタクシー

旅!北海道おすすめ宿リスト






 
北海道の観光ガイド