JUL 3, 2001


日本海ルート、追分ソーランラインの中心部、瀬棚町と岩内の間に島牧があります。
奇岩・絶壁の続く海岸線と、道立自然公園に指定された
日本一の規模をもつブナ原生林が広がる手付かずの自然が残る所です。
広大な公園内には日本の滝百選と北海道自然百選にも選ばれている飛爆日本一の「賀老の滝」も有り、
雄大な自然を見ようと多くの人々が訪れています。



●賀老の滝
 高さ70m、幅35m、
日本一の飛爆が見事な「賀老の滝」が狩場山登山道入口近くにあります。国道229号から約15km入り、駐車場から徒歩で約17分の位置です。特に7〜8月ごろの午前中なら運が良ければ虹のかかった見事な滝を見ることができます。この滝は日本の滝百選と北海道自然百選にも選ばれています。

●歌島高原
 歌島漁港から山手に細い道路を登ると芝生の原っぱが広がっています。ここからは、道南最高峰の狩場山をはじめ日本海、島牧村全体が一望できます。


●狩場山
 
 標高1,520mの狩場山は道南最高峰の山。エゾノハナシノブ、チシマフウロウ、ハクサンチドリ、シラネアオイ、アオノツガザクラなど高山植物の宝庫です。7月〜9月まで見ごろの季節がつづきます。山頂までは3つの登山コースがあります。

●千走川・泊川
 
 島牧村の中を流れる千走川と泊川は国が指定する全川資源保護水面認定河川になっています。そのため釣は禁止されています。この川ではサケの産卵を見ることができます。また、大平川は道指定の資源保護水面設定河川になっていて釣は楽しめるがヤマベやマスを釣る事は禁止されているので御注意を。 (密漁は特に厳しく監視されています。)


●ブナの木原生林 
 
 狩場山の山麓に広がるブナ林は、面積10,700haも有り、日本一広いブナ原生林です。この原生林は保護されながらも見所には遊歩道が整備され、車椅子でも散策出来るようになっています。新緑の春から紅葉の秋まで多くの人々がおとずれてます。  

●大平山
 標高1,190mの大平山。周辺は自然環境保全区域になっています。アルプスに咲く花、エーデルワイスに似た「オオヒラウスユキソウ」が7号目付近から見られます。

●茂津多岬
 
 茂津多岬は大自然が造りあげた不思議な形の奇岩怪石や絶壁が続く景勝地です。カブト岩や立岩、赤岩、熊岩、八峰山、船隠し、穴潤など様々な形をした岩があり見る者を飽きさせません。そして魚釣の名所でもあます。

道の駅「よってけ!島牧」
 

 「どうぞお立ち寄りください」という地元の人の言葉がそのまま名前となった道の駅は、国道229号線と千走川が交差する元町にあります。国道に面した広い駐車場の奥のセンターハウスには、海産物を新鮮なまま食べられるグルメコーナーに地元特産品の売店、それに交通情報センターが合わせて設置されています。また、併設された「島牧知ろう館」では、島牧の四季折々の変化に富んだ手付かずの自然や、海の恵み、山の幸などを映像やジオラマ、イラストなどで紹介しています。


温泉情報
●モッタ海岸温泉 TEL0136-74-5336
 茂津多岬寄りの国道229号沿いにある温泉
・泉質:食塩硫化水素泉
・料金:日帰り入浴 
大人500円小人300円
・営業時間:8:30〜21:00
・効能:高血圧症、動脈硬化症、リウマチ性疾患、糖尿病、慢性湿疹、運動障害、更年期障害

●宮内温泉 TEL0136-75-6320
 村役場より山手側、泊川沿いにある温泉
・泉質:ナトリウム−炭酸水素塩・硫酸塩泉
・料金:日帰り入浴 
大人450円、小学生以下300円
・営業時間:10:00〜20:00
・効能:リウマチ性疾患、運動器障害、創傷・火傷、角化症、動脈硬化症、高血圧症などに良い

●ちはせ川温泉 TEL0136-74-5409
 
 島牧村一番の人気の場所、「賀老の滝」への途中にこの「ちはせ川温泉」がある
・泉質:ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉
・料金:日帰り入浴 
大人400円子供300円
・営業時間:13:00〜21:00(不定休)
・効能:リウマチ性疾患、運動器障害、創傷、虚弱体質、子宮発育不全症、月経障害
ちはせ川温泉旅館

●本目海岸
 島牧唯一の村営海水浴場。遠浅で砂浜が長く続いています。子供連れの家族に最適な場所です。
●大平海岸
 砂利石と砂浜の海岸、夏は海水浴客で賑わう人気の場所です。
●江の島海岸
 
 延長4キロの砂浜が続き夏は海水浴客で溢れます。メノウやジャスパーの石が拾える場所です。

イベント情報
●あめますダービーin しままき
 毎年恒例で人気となったあめます釣りの大会。毎年、2月1日から50日間の通算で審査、決定される。
競技要領
・釣りの方法は、ルアー及びフライに限定
・一般の部、レディース・ジュニア(小学生〜高校生)の2部門に分けて表彰
・島牧村全域の海岸で釣ったあめますで審査。それ以外の魚種は対象外となり、大きさは一般の部は、50センチ以上、レディース・ジュニアの部は、40センチ以上が規定。
・1位から10位(レディース・ジュニアは1位から3位)まで1尾の身長+体重により決定。
・各部門共通にリリース部門が設けられている。
参加費…一人1部門
1,500円
(ルアー、フライ両方申し込みは、
3,000円
申し込み方法…12月10日〜1月18日までに所定の申し込み用紙に記入の上申請。
問い合わせ・申し込み先
TEL0136-75-6211 (島牧村役場観光課内)
あめますダービー in しままき大会実行委員会事務局まで 
*3月下旬〜4月中旬までの期間は、あめますダービースプリングスーパーカップもおこなわれています。


アクセス情報
【バス】 
・寿都−島牧(島牧役場)1日5往復 940円
・寿都−島牧(栄浜)1日2往復 
1,330円
・寿都−島牧(原歌)1日5往復 所要時間約40分
1,170円  
TEL0136-62-2047 ニセコバス

【車】
札幌−島牧 約167km所要約3時間半
岩内−島牧 約70km所要約80分
長万部−島牧 約64km 所要約75分

温泉の話
島牧には温泉が3ヶ所有り、それぞれに泉質も違って、また眺めや風情も味わい深く温泉めぐりが楽しくできます。

「モッタ海岸温泉」は塩分が強くまれにみる温泉効能のある泉質をもっています。
「宮内温泉」は重曹泉という温泉で通好みの泉質の貴重な温泉です。
明治18年から温泉開業という歴史をもつ「千走川温泉」は赤茶色に染まった浴室を見ただけでも効き目のありそうな温泉らしさが伝わって来ます。
男・女別に露天風呂もあり、すぐ後ろが山に囲まれ自然と一体感が味わえます。
狩り場山の登山口も近く、山に入る前に温泉に入り、帰りに疲れを癒しに温泉に入ると、便利この上なし。又宿は旬の魚や山菜などの料理を自慢としており、賀老の滝に近く、温泉と料理、観光と三拍子そろった楽しみに浸れます。
 
TEL0136-74-5409 
千走川温泉旅館

リンク情報



旅!北海道おすすめ宿リスト