12.jun.2002


登別と苫小牧の間に位置する「白老町」。
平坦な地形が続きサケが遡上する川や淡水魚のいる湖、
海に面して海藻や豊富な魚貝類の収穫できる場所だけに、
北海道の先住民族「アイヌ」の人々がコタン(村)を造って住んでいた所です。
幕末にはロシア勢力の南下に備え、蝦夷地の3分の1を守備していた
仙台藩の陣屋の内、その警備の中核としていた場所で多くの史跡が残っています。
アイヌ民族の伝統・文化は「ポロトコタン」がポロト湖の湖畔に
復元・保存され観光の中心施設として人気のとなっています。



●ポロトコタン(アイヌ民族博物館)
 
ポロト湖のほとりに復元されたコタンは、北海道の先住民族であるアイヌ民族の伝統文化を伝える野外博物館だ。中にはチセ(家)、プ(食料庫)、へぺレソツ(熊飼養檻)、ヌサ(幣柵)、などが建てられています。また、湖にはチプ(丸木舟)が浮かべられてアイヌ民族のかつての生活文化にちょっとだけ触れられる場所。重要文化財に指定されているアイヌ伝統舞踊「イヨマンテリムセ」やピリカの唄、ムックリの演奏も実演公開されています。この古式舞踊は国の重要無形民族文化財に指定されています。
*アイヌ民族博物館は、アイヌ文化の調査研究や世界各地の先住民族との交流の拠点になっていて様々な活動が行われている。
・入場料金:大人800円、高600円、中500円、小350円
・見学時間:8:45〜17:00
・休館日:年末年始 (12月29日〜1月5日)
TEL0144-82-3914
アイヌ民族博物館

●史跡白老仙台藩陣屋跡
幕末期に幕府から蝦夷地警備を命じられた仙台藩は、白老から国後・択捉島までの蝦夷地の3分の1を守備範囲にしていました。白老の元陣屋はその中核的な存在で道内最大規模のもの。元陣屋跡地は国の史跡に指定され史跡公園として保管されています。

●仙台藩白老元陣屋資料館
 
史跡公園に隣接して資料館がある。当時の元陣屋を再現したジオラマや絵図、蝦夷地の地図、武具など約300点の歴史的資料が展示・公開されています。
・入場料金:一般300円、小中150円
・見学時間:9:30〜16:30
・休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
      年末年始 (12月29日~1月3日)
・ TEL0144-85-2666
仙台藩白老元陣屋資料館

●インクラの滝
 白老町に流れる別々川の支流、西別々川にそそぐ滝「インクラの滝」。日本の滝100選にも選ばれている勇壮な滝です。周りを山に囲まれ高さ44m程の切り立った断崖から一気に流れ落ちています。

●インカルミンタル(眺望の広場)
白老港埠頭の先端に設けられた展望台のある広場。展望台の前に広がる太平洋の雄大な眺め。ここから360度の眺望が楽しめます。

 

●アロヨ海岸
 虎杖浜の海岸に広がるアロヨ海岸は美しい砂浜と岩礁の海岸線が続いています。夕陽の美しさや釣人に人気のある場所で近くには宿やドライブインなどのリゾート施設が並んでいます。

●クッタラ湖
支笏洞爺国立公園特別地域にある周囲約8kmの円形のカルデラ湖。透明度日本一を競う美しい湖でチップ(姫マス)釣りの名所として人気があります。


●ポロト湖
ポロト湖は町の中心部からも近い周囲6kmの小さな湖。湖畔にはポロトコタンを始め、ポロト自然休養林キャンプ場、サイクリングコース、ポロト温泉(日帰り入浴)、民芸会館などがあり時間をかけなければ遊びきれない施設が揃っている。

●パークゴルフ
白老パークゴルフクラブ TEL0144-82-5566
 樽前山をバックに36ホールがレイアウトされている。樹木約500本、バンカー20ケ所、池などもある起伏に富んだコース。
・料金:大人一般1日1,000円(2時間30分 800円)

●ホロホロ山
標高1,322mのホロホロ山へはトレッキング感覚で登れる山。山頂付近からは支笏湖や洞爺湖、恵庭岳、羊蹄山などの遠望が楽しめる。

●社台牧場・競走馬のふるさと胆振案内所
白老町は競走馬の産地としても名を馳せ、いくつもの牧場がある。「競走馬のふるさと案内所」では名馬の紹介や牧場見学、乗馬施設の紹介、競馬案内など競走馬に関する様々な情報提供を行っている。
社台牧場


■温泉情報
白老温泉・虎杖浜温泉は太平洋沿岸を中心に広がる温泉郷。
・虎杖浜温泉
 ◇アヨロ温泉 TEL 0144-87-2822
 ◇旅館  花翔苑 TEL 0144-87-3377


・白老温泉
 ◇白老温泉ホテル TEL 0144-85-2725
 







旅!北海道おすすめ宿リスト