June 2, 2001


北海道の東端に長く突き出た知床半島。
オホーツク海と太平洋の接点にあたる知床は自然がそのまま残る数少ない場所で、
平成17年7月14日に世界自然委員会より国内3件目の世界自然遺産として登録されました。
海岸線は断崖絶壁が続き、多くの川が滝となって直接海に流れ込み、迫力のある断崖・絶壁の半島が続いています。
日本最後の秘境ともいわれ、北海道に住んでいるほとんどの動物が生息、
天然記念物の鳥や珍しい鳥も多く見かけることができます。
また、植物は低地でも高山植物が見られたり、固有種など貴重なものも多く生息しています。
大自然の息吹を肌で感じる事のできるところです。






知床博物館
斜里町本町49-2 TEL0152-23-1256
 斜里町内にある知床博物館は斜里駅から車で15分、知床半島の大自然や歴史、文化などわかりやすく解説されています。知床半島の誕生から古代人の生活、アイヌの人々の暮らし、また知床に生息する動植物、昆虫など大きなスケールで動く大自然の移り変わりが手にとるようにわかり、知床半島に向かう前に立ち寄っていけば、知床の味わいも深まります。

●オロンコ岩

 ウトロ港にある大きな岩山で、エゾカンゾウが咲く頂上からウトロ港、温泉街、そして知床連山とオホーツク海など、360度の眺望が楽しめます。昔、この岩に住んでいたオロッコ族とアイヌの激戦は知床半島の伝説となっています。


●プユニ岬
  
 ウトロの街から知床五湖へ向かう途中の高台にあるプユニ岬。ここからは奇岩が続くウトロ海岸とオロンコ岩、ウトロ港が望めます。また、天気の良い日にはオホーツク海岸線とその向こうに阿寒国立公園の山々まで見る事ができます。

●知床自然センター
 
 ウトロ温泉から知床半島へ向かって車で10分、左側に見えてくる大きな建物が知床自然センターです。ここでは雄大な知床半島の四季を12m×20mの大画面ダイナビジョンによって様々な顔をもつ知床半島、手付かずの自然を映像によって見せてくれます。周遊する前にここに立ち寄れば、行く季節によっては見られない知床の素晴しさがわかったり、普通では入れない大自然の奥の方まで知ることができます。また、自然についての各種刊行物やインフォーメションがあるので立ち寄ることをおすすめします。
TEL0152-24-2114
 知床自然センター

●ユートピア知床

 知床自然センターの中には売店とレストランがあります。この売店には知床の豊かな自然の恵みを地元の人たちの手で製品にしている「ユートピア知床」のオリジナルおみやげ品が数多く展示販売されています。詳しい商品の案内は、
   
●こちらをクリック● 

●フレペの滝
 
 知床のことならなんでもわかる「知床自然センター」。ここから遊歩道が整備され、歩く事約20分。切り立った断崖から半島の地下水がしとしと流れ落ちる滝で別名”乙女の涙”という滝があります。展望台からは知床の山々と、海岸に飛び交う鳥たちも間近に見る事ができます。

●知床五湖

 エゾマツ、トドマツなどの針葉樹林の中に5つの湖がある知床五湖。散策路は5湖一周約60分、1湖・2湖は20分位で気軽に散策が楽しめます。コース中には樹木や花、昆虫、動物などの案内板があり、知床に生息する野生動物の知識も得られます。

知床五湖では一湖から五湖の周囲を巡る地上遊歩道の利用に、ガイド付で利用料金制度や人数制限などがあります。

春〜秋、駐車場から一湖の湖畔展望台まで電気柵を設けた高架木道の利用は従来通り無料です。

☆冬の知床五湖ガイドツアーのお申し込み・詳細は、こちらをクリック!




●オシンコシン展望台

 斜里からウトロへ向かう途中の国道沿いにオシンコシンの滝があります。記念撮影の名所の一つになっているところです。この滝の上には散策路が整備され、頂上には知床の山々とオホーツク海を望めるオシンコシン展望台もあります。


●知床峠

 ウトロと羅臼を結ぶ知床横断道路は4月下旬から10月下旬の約6ヶ月しか通行できません。日本一開通期間の短い国道です。頂上からは北方領土の国後島や羅臼岳が見渡せる展望台もあります。

●夕陽台

 ウトロ温泉ホテルの建ち並ぶ高台にある夕陽台。オホーツク海に太陽が沈み夕日で赤く染まる夏の景観。白い流氷が金色に輝く冬の風景など、四季を通じて変化に富んだ夕日が楽しめます。


●カムイワッカ湯の滝 
 
カムイワッカ川に硫黄山から沸き出した温泉が流れ込み、温泉の川になっています。川沿いは落石があり、川の上部までは行けませんが、温泉が流れる川登りが体験できます。(たいへん滑りやすいので注意が必要)

●カムイワッカの滝


 
硫黄山から沸き出した温泉がカムイワッカ川に流れ込んで、大小無数の滝を経てオホーツク海に流れ落ちる「カムイワッカの滝」。船で行って海上から見る事ができます。

●冬の知床
2017年より新しい冬のイベント「流氷フェス」が1/30(月)~2/28(火)まで開催されます。 新しく体験型のイベントとなっています。



●知床世界自然遺産センター
   斜里町ウトロに世界自然遺産の価値を伝える国内三カ所目、道内初の啓発・解説施設「知床世界自然遺産センター」が昨年オープンしました。2005年7月に世界自然遺産に登録された知床の多様な生態系や自然を楽しむ際のルールを伝えるのが目的です。ウトロ港を臨み、道の駅に隣接する場所に有ります。シャチやエゾシカなどの動植物の実物大写真パネルなどさまざまに工夫された展示が施されています。

 硫黄山登山者の通行
オホーツク総合振興局網走建設管理部は、知床連山の硫黄山登山道への道となる道道知床公園線の通行禁止区間について、6月25日〜8月25日の期間、登山者の通行を試験的に認めることを決めました。
通行可能となるのは、カムイワッカ湯の滝〜硫黄山登山口の約500メートルです。

問い合わせは、網走建設管理部 TEL0152-41-0704


<スポーツ・レジャー情報>


知床観光船

道東観光開発 TEL0152-24-2147
知床岬折り返し便
 約3時間45分/1日1便(6/1〜9/30)10:00発
 
大人6,500円、小人3,250円特別席料600円

◆硫黄山折り返し便
 約1時間30分/
8:15
4/28〜10/25
10:30
4/28〜10/25
12:30
4/28〜10/25
14:30
4/28〜10/25
16:15
9/1〜9/10
16:30
4/28〜8/31
 大人3,100円、小人1,550円特別席料400円

知床観光船

クルーザー観光

(カムイワッカクルーザー観光)
●クルーザーで湾めぐり、滝めぐり
 ◆硫黄山行き(約1時間のコース)
  期間:4/15〜11/中旬  
  料金:大人
3,000円、小学生1,500円
  運航:一日4便 8:00、(9:30)、10:30、(13:15) 
         14:15、(15:30)、16:30 発
   ※( )は混雑時の臨時便

 ◆知床岬行き(約3時間のコース)
  期間:6月〜9月
  料金:大人
8,000円、小学生4,000円
  運航:一日2便 10:00 12:10      

*臨時便及びチャーター便の運航もあり、料金応相談。
 TEL0152-24-3060
 カムイワッカクルーザー(*ゴジラ岩観光)
 


●冬季 Winter



流氷ウォーキング
実施期間 1月下旬~3月下旬
※流氷の状況により期間は変動します。
所要時間 出発前の着替えに20~30分、遊ウォーク実施に1時間前後
出発時間 【昼】コース 10:00出発 ・ 13:30出発
【夕】コース 15:30出発
 ※出発時間は、日出・日没の時間、天候状況などにより、前後します。
料金 大人 5,000円 小学生 2,500円
   
TEL0152-24-3060
 *ゴジラ岩観光
 

 ●ニッポンレンタカー 女満別空港前 営業所 TEL 01527-4-4177
                     〒099-2371 大空町女満別中央260番10号

「旅!北海道」 特別プラン!  レンタル基本料金が「約10%OFF」!!
5日以上のご利用の場合は、更に5%OFF!!  北海道でのドライブ旅行に是非ご利用ください!

Max 10% off on the basic rental fee.
Save 5% more for the use more than 5 days! Good for Hokkaido driving trip. 
ご予約は、こちらから! Reservation from here!





知床の観光関連リンク集

 

しれとこペレケ







旅!北海道おすすめ宿リスト

北海道観光ガイドタクシー